◆株式会社アイ・クローバは絶滅が心配される葉の多い(多葉)クローバを用いてアクセサリーを製作・販売しています。

◆多葉クローバの魅力は、「希少性」と「言い伝え」で、特に中国では8つ葉、台湾では6つ葉が ラッキーNo. として珍重されるなど、海外では高額で取引されています。

◆言い伝えもユニークで、ご商売の方には5つ葉(金運)、学生・お勤めの方には6つ葉(地位運)、シニアの方には7つ葉(最大の幸運)がお勧めです。

 

◆ギネスブックによると、クローバ(白詰草)の葉の世界記録は、2002年に日本で発見された18枚葉でしたが、その後日本で56枚葉が発見され、2010年8月にこれが世界記録と認定されました。 発見者は18枚葉、56枚葉とも小原繁男農学博士(岩手県)です。